ベガルタ仙台、何よりも勝ちが必要

昨日はサッカー天皇杯の準々決勝が行われました。

ベガルタ仙台はホームで柏レイソルと対戦しました。

私はテレビで前半と延長戦の様子を見ました。

印象深かったのは、延長で仙台が勝ち越していて、かつ、仙台が1人多いという状況にも関わらず攻め込まれる時間帯が多かったことです。

その中でゴール正面でファールを犯し、そのFKを決められ同点とされ、結果的にPK戦で敗れました。

今日の新聞(河北新報)では、FKで3失点、PKでは1本も止められなかったGK六反選手の悔し涙のことが書かれていました。

たしかに六反選手は力不足だと思います。

おそらく能力は高いものがあると思いますが、駆け引きができていないというか。

そのちょっとしたところを相手、とくに柏の3得点した外国人選手は見逃さなかったのではないでしょうか。

渡辺監督はGKだけの責任ではないと擁護しています。

たしかに数的優位に立ちながらファウルで止めるしかないDF陣にも問題があります。

やはりベガルタ仙台の現状は個々の選手の力不足であることは間違いないようです。

じゃあその力不足をどう補うか。

もっとも簡単なのは目の前の試合に勝つことです。

とにかく勝つことです。

どんなに普段素晴らしい練習をしていても、試合に負けると疑念が生まれます。

でも今シーズンの試合はもうありません。

幸いなことに来季もJ1で戦うことができます。

今から開幕戦での勝利を期待したいと思います。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP